薄毛・抜け毛の原因のポイント3

美容クリニックにとっても、薄毛や抜け毛で悩む、特に女性にとっては深刻な問題です。

日本でも艶のある黒髪は、昔から女性の象徴と言われてきました。それだけに薄毛や抜け毛はショックが大きいものです。今回は、どうして髪が抜けて、薄くなってしまうのかの記事です。

 

・抜けてはいけない毛

人間の毛には毛周期と言われる毛の寿命に沿ったサイクルがあります。一般に1日に100本は抜けると言われています。「ワーッ、そんなに!」という感じですが、それが普通なので、あまり気にし過ぎることはありません。でもまだ、その周期の途中で抜けてしまう毛には、頭皮に問題があると考えられますね。

例1-皮脂の固まりやフケで毛穴が塞がれ、頭皮が炎症を起こした場合。

例2-ストレスのせいで髪を作る細胞が機能を停止した場合。

以上のような場合には、周期が終わる前に100本以上、もっと多くが抜け落ちて、円形脱毛症になることもあります。

・外的要因

薄毛や脱毛の最大の要因は、頭皮が弱ってしまうことです。その原因には次のことが考えられます。

  • 夏に強い紫外線で髪が傷んで、抜け毛が多かったと思っていらっしゃる方、それは間違っています。髪そのものが傷んだ訳ではないのです。実は紫外線で頭皮がもろくなって、毛髪を保持しにくくなったからなのです。だから、髪のトリートメントより、頭皮のスキンケアが大事です。
  • 刺激の強いシャンプー・トリートメント、ヘアケア剤、カラーリングやパーマの繰り返しで、頭皮が傷むことも大きな要因です。
  • 過剰に髪の毛を引っ張るようなヘアスタイルを長時間続けると、頭皮の血流が悪くなり、髪を作る栄養が行き渡らず、髪が抜けやすくなります。

・内的要因

加齢によるホルモンの減少のせいで、髪全体のボリュームがなくなるのは仕方ない面もあります。しかし、ホルモンバランスの乱れや過剰なダイエットは、髪の毛を作るタンパク質の減少を呼び起こします。また、不規則な生活や運動不足、冷えも細胞に悪い影響を与えます。

 

いかがでしたか。

今回は「薄毛・抜け毛の原因のポイント3】についてのご紹介でした。

薄毛・抜け毛の原因を知ることによって、改善・予防し、いつまでも若々しいビューティライフをエンジョイして下さい。

是非、参考にしてみてください。