病気をきちんと見つけてくださったクリニックの先生に感謝です。

年齢的に子宮がん検診をきちんと受けないといけないわけですけど、なかなか神戸の婦人科にかかるのはいくつになっても抵抗もあり、敷居が高いものです。クリニックの集患が順調ですので、女性の先生を選んでかかるようにしているのですが、内診は女性の先生の場合、指が短いから不利益が多いということも聞いたことがあって、どうなんだろうかな、と思っていました。 今回は、そういったこともあって、別の婦人科クリニックで、東京の根管治療の先生にかかってみることにしました。男性ではありましたが、友人の紹介で紳士的でとてもよいと聞いていたので、意を決していきました。診察の感じは、痛くはなく、また、いやな思いをすることなく、終えることができました。しかも、子宮ではない卵巣の病気を見つけてくださり、治療もきちんと受けることができました。もちろん、それ以前にかかっていた女性のクリニックの先生も、今回、同じように受診していたら、病気を見つけてくださったのだろうとは思いますけど、男性だからいや、と先入観であまり思ってはいけないな、と思った体験でした。