神経内科医院・クリニック開業集客のポイント

医院やクリニックを開業・集客し、健全な病院経営を目指すあなた。ここでは神経内科という一般にはまだ認知度の低い、他の科目と比べれば患者数もそれほどでもないマイナーな医療科目を敢えて取り上げました。でも、今後、脳リハビリや認知症と云った項目の診療報酬は有利に改定されるでしょう。またリハビリ病院での入院日数には制限があり、退院後はその治療や機能回復訓練に通わなければなりません。ですから、リハビリのできる医療機関が併設されていれば、本人・ご家族に喜ばれて、非常に高い需要が望まれます。

 

・診療所の敷地条件

リハビリの要件としては、診療所内に最低45㎡(約14坪)以上のリハビリ室を必要とするので、クリニックの総面積は50~60坪くらいは必要です。立地条件としては、バリアフリーで1階であることをお勧めします。出来れば、駐車場があることに越したことはありません。

・医療機器

当初は最低限、電子カルテとリハビリ用の器具を導入すれば事足ります。CTやMRIなどは患者様が増えてから増設を考えればよいでしょう。都市近郊部では画像センターが増えて、技師がちゃんと画像を送ってくれますし、医師からの所見も期待できます。ただ問題は、地方の開業においては、その必要と需要を考慮してベストの選択をしてください。

・リハビリスタッフの採用

「脳血管疾患リハⅢ」の取得の場合、「PT・OT・STのいずれかの1名常勤雇用」が要件となっています。経営の立場から彼らの採用が、採算に合うか心配になりますね。でも、彼らの提案するリハビリ計画が患者様の満足度を向上させ、売上アップに繋がります。その上、「通所リハ(介護保険適用)」も取得できるため、サービスメニューが増えて、更に売上が上がるでしょう。

・地域との連携

地域のケアマネージャーや在宅介護事務所等の連携をお願いして、患者様を紹介いただける関係作りも必要ですし、行政の介護サービスの内容把握も重要です。

いかがでしたか、

今回は「神経内科医院・クリニック開業集客のポイント」についてのご紹介でした。

是非、参考にしてみてください。